こんにちは!
このページに立ち寄ってくだりありがとうございます。
今回はパートナーや男女のコミュニケーションで起こる”すれ違い”とその対処についてのお話です。

マイナス思考の正体とは?

パートナー、男女のコミュニケーションで、「そんなの、言わなくても分かるだろ?」って言われたこと、ありませんか?
こういう時、すれ違いを感じたり、イライラしたりすることをよく聞きます。
例えば、LINEのやり取りなんかで、「私のことを大事に思っているなら、もっとマメに連絡してくれてもいいのに…」って感じです。
そして、LINEの返信がなかなか来なかったり、なかなか既読にならなかったりすると、頭の中の妄想が広がり…

私は必要とされていないのかも…

嫌われているかも…

他に大事に思っている人がいるのかも…

など、いつの間にかマイナス思考に支配されてしまうこともよくある話です。

このマイナス思考の正体は、”不安”です。

しかし、実際、相手はどう思っているかというと、その多くは、“信頼関係が出来あがったと思ったから、細かく連絡をとらなくても大丈夫だよね”っといった考えがあります。

相手を”信頼”しているために、細かな返事をしなくなっていまうのです。

すれ違わないために

大切な人には、「そんなの言わなくても分かるだろ?」では困ることを相手に告げるのが良いと思います。
自分の気持ちや考えは、きちんと言葉にして伝えて欲しいことを相手にリクエストすれば、相手はわかってくれるはずです。
また、2人がどのような距離感が良いのか話し合うことで、余計な心配をしなくて済むようになります。
話し合うヒントに、アサーションという自己主張の理論があるので紹介します。

アサーション

「アサーション」を簡単に言うと、

I am OK. You are OK.(自分も相手も大切にする)

いつもこの自分も大事もOKな関係を維持するコミュニケーションをすることで、お互いが気持ち良くすrごすことができると考えられています。
お互いが心地よい妥協をすることで円満な関係がを維持することができます。

よくない考えに支配されそうになった時、試してみてください。
今回のお話はここまでです。

カテゴリー: Uncategorized

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。