産婦人科

「生理痛は病気ではないから」と病院へ行かず鎮痛剤でしのいだり我慢し続けたりする女性は意外と多いようですが、そのままでは生理の度に恐怖を感じストレスが更に痛みに拍車をかけてしまいますし、実際病気が原因でひどい生理痛になっている場合もありますから、日常生活に支障を来たすほどの生理痛である場合、産婦人科へ行くことをお勧めします。
産婦人科は初めての人にとっては敷居の高いものですが、どのように診察がなされるか予め把握しておけば安心して受診できるかと思います。

まずは問診から入ります。
生理痛の症状だけでなく、妊娠・出産、月経周期、セックスの回数、過去の病歴や家族の病歴、アレルギーや服用中の薬などについて質問されるでしょう。
詳細に答えることで医師も今後の方針を立てやすくなりますから、できるだけ丁寧に答えてください。
プライベートな質問もあるので答えにくいかもしれませんが、医師には守秘義務があるので信頼し、正直に話しましょう。

その後、診察台に上がって内診を受けます。
子宮や卵巣の位置、大きさ、癒着の有無などを判断するため、医師が直接触れて検査します。
ほとんど痛みもありませんから、リラックスして受診してください。
また、セックスの経験のない人の場合には行わないことも多いようです。

更に血液検査や尿検査、超音波検査、更に詳しく子宮の状態などを調べる必要がある時にはMRI検査、CT検査といった検査があります。

ホルモンバランスや冷え、血行などが原因で引き起こされる生理痛の場合、生活習慣を見直したり半身浴など自分でできるちょっとした対策をしたりすることで痛みが緩和されることがあります。
しかし子宮の病気など、体の臓器にはっきりとした異常があって起きる生理痛は、病院で受診する必要があります。
鎮痛剤で痛みをごまかしたとしても根本的な解決になっていないどころか、放っておくとますます悪化する病気もあります。

生理痛で受診するなら当然産婦人科が最適です。
生理から1週間後くらいが適切な時と言われていますが、痛みがひどい時はいつでもすぐに受診してください。
普段は仕事で時間が取れないという人の場合、仕事帰りに寄れる病院を探すのも手です。
最近ではそういう仕事を持つ女性の為に遅くまで診療している産婦人科も多くあります。
また検査や治療は後日に行うこともできるので、「あまり時間がないのだけれど」という日でも大丈夫。
とにかく問診だけでも受けましょう。

特に初めて訪れるという人には、産婦人科はやや敷居が高いかもしれません。
そんな場合はインターネットや利用者の口コミを調べておくと不安は和らぐかもしれません。
女性の産婦人科医も多いので、そういうところを探すのも良いかもしれませんね。