生理痛に効く鎮痛剤の種類

鎮痛剤として生理痛にも良く効くバファリンですが、効能が高い分、少々キツイ薬とも言えます。
辛い生理痛時にはついつい頼ってしまいたくなりますが、副作用など注意点も覚えておく必要があるでしょう。

バファリンの主な副作用には胃腸障害や肝障害があります。
よくCMで「胃に優しい」と謳っていますが、実のところバファリンの主要成分であるアスピリンは胃の粘膜に貼りつき濃厚なアスピリン溶液を作る為、胃腸にダメージを与えるのです。
ですからバファリンは空腹時に使用してはいけません。
更に重大な副作用として、白血球や血小板の減少、再生不良性貧血、ライ症候群といったものがあるようです。
勿論これらの症状がでるのは稀ですが、15才以下の小児、アレルギーのある人、妊娠中の人などは服用しないようにしましょう。

ちなみにバファリンの代表的な副作用とは頭痛や眩暈、吐き気、過敏症、下痢といったものがあるのですが、よくよく見るとバファリンの効能と被っているのが興味深いところですね。
これはなぜかと言えば、そもそも「副作用」という言葉が治療目的以外の作用全てを表す為だそうです。
例えば生理痛でバファリンを服用し、痛みが治まったけれど吐き気がする、という場合、この吐き気は副作用ということになります。
いずれにしても、バファリンの服用で出た副作用が重い場合には、服用をやめて医師の指示を仰ぎましょう。

バファリンと言えば鎮痛剤の中でも最も有名な薬ではないでしょうか。
頭痛や生理痛、また解熱剤としてもよく利用されますよね。
それだけ効果が高いということでもあるのですが、特に生理痛に特化したバファリンとして発売されているのが「バファリンルナ」です。

バファリンルナの特徴は、鎮痛効果の高い2つの成分「イブプロフェン」と「アセトアミノフェン」のダブル処方であるということ。
「イブプロフェン」は特に生理時の痛みの原因になるホルモンであるプロスタグランジンと子宮の炎症を抑える効果があるため生理痛によく処方されますが、「アセトアミノフェン」には痛みを大脳皮質へ伝達する中枢神経に働きかけて痛みの伝達を妨げる効果があるため、この2つの成分をダブルで処方することによって痛みに対する二重の防護壁を作るのです。
更に鎮痛効果を高める為に「アリルイソプロピルアセチル尿素」と「無水カフェイン」を配合しており、この4つ成分が痛みにしっかり効いてくれるのです。

しかし他の鎮痛剤もそうですが、基本的にバファリンルナは痛みを抑えることのみを目的に作られていますから、生理痛の根本原因を治すものではありません。
生活習慣の改善など、根本原因を治すことを意識しつつ、痛みがひどい場合にはバファリンを活用するようにしましょう。

市販の鎮痛剤としては最強とも噂される薬「イブA錠」。
鎮痛効果が高く即効性もあるため、生理痛がひどい人の中にはイブA錠を愛用しているという人もいることでしょう。
しかし「バファリンより効く」「最強の市販鎮痛剤」と噂される生理痛薬ということは、裏を返せばそれだけキツイ薬とも言えますから、副作用の可能性など使用上の注意をきちんと把握した上で服用するようにしましょう。

イブA錠の副作用としては、稀に発疹やかゆみといった皮膚に現れる症状、眩暈、かゆみ、ぜん息といった症状があるようです。
更に重篤な症状としては、服用後じんましんや胸が苦しくなったり息苦しくなったり冷や汗がでたりといった「アナフィラキーショック」や皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症候群、首筋のツッパリを伴う激しい頭痛・発熱・吐き気などの症状が出る「無菌性髄膜炎」、更には肝機能障害、腎障害といったものがあります。
特に元々胃弱の人やアレルギー体質の人、ぜん息気味の人などは注意が必要です。

しかし基本的にはイブA錠の主要成分であるイブプロフェンは副作用の起こりにくい鎮痛剤です。
例えば生理痛がなかなか収まらないからといって服用する回数や量を増やしたりせず、使用上の注意をきちんと守っていれば、こういった副作用の心配はないでしょう。

生理痛にも効く鎮痛剤として有名な薬の中に「イブA錠」がありますね。
イブA錠の「イブ」は「イブプロフェン」の「イブ」。
イブプロフェンとは鎮痛作用と抗炎症作用において非常に効果の高い成分で、元々医療用医薬品として病院で処方されなければ購入できない薬剤を市販薬に転用したものです。
元々医療用医薬品ですから、他の薬剤より効果が高く、鎮痛作用で言えばアスピリンの約30倍、抗炎症作用で言えば約5~10倍、解熱作用では約20倍とされています。
特に生理時の痛みの原因となっている「プロスタグランジン」というホルモンを抑える働きがある為、生理痛緩和の為の鎮痛剤として配合されていることが多いようです。

このイブプロフェンを主要成分にしていることをセールスポイントにしているイブA錠ですが、他にもアリルイソプロピルアセチル尿素や無水カフェインといった成分も配合されている為鎮静効果があり、生理前や生理中のイライラ感など不安定になりがちなメンタル面でも効果があるそうです。
値段も手頃で購入しやすい為、生理痛に悩む女性には心強い味方ですね。

CMなどでおなじみ、「ナロンエース」を生理痛の鎮痛剤として利用している人も多いことと思います。
ナロンエースは副作用があまりみられない鎮痛剤としても好まれているようですが、やはり薬であることに変わりはないので、生理痛で使用する前にどんな注意が必要かきちんと把握しておきましょう。

稀に見られるナロンエースの副作用としては、皮膚に発疹や痒みが出る場合や、胃の痛み、吐き気、食欲不振など消化器官の異常、また目のかすみや耳鳴り、むくみ、眩暈といった症状があるようです。
更に重篤な症状としては、ぜん息や腎障害、肝機能障害といったものの他に、「スティーブンス・ジョンソン症候群」とも呼ばれる「皮膚粘膜眼症候群」や「中毒性表皮懐死症」という、高熱と共に全身の皮膚や粘膜に発疹・水ぶくれができる病気があるそうです。
当然のことですが、軽度のものも含めてこういった副作用とみられる症状が出れば、直ちに服用をやめて医師の診察を受ける必要があります。

このような副作用は、アレルギー体質の人や胃弱の人に比較的起きやすいようなので、生理痛が辛くてナロンエースに頼りたいという人は、まず薬剤師や医師に相談してから服用することをお勧めします。
またそれらの問題がない人であっても、空腹時の服用は避けるようにしましょう。

頭痛や生理痛に効く鎮痛剤には様々な種類があり、有名だからと言って必ずしも自分の症状に効くとは限らないのですが、生理痛の鎮痛剤として良く購入されている薬を紹介してみたいと思います。

1つは製薬会社の大手、「大正製薬」から発売されている「ナロンエース」です。
ナロンエースの特徴は「イブプロフェン」と「エテンザミド」という2つの鎮痛効果を持つ成分を筆頭に、合計5つの成分で構成されていることです。
「イブプロフェン」は効果が高いと言われる様々な鎮痛剤に配合されている成分で、痛みを感じさせる物質である「プロスタグラジン」というホルモンが分泌されるのを抑える働きがあります。
また「エテンザミド」は痛みが中枢神経に伝わるのを抑える働きをします。
この2つの成分をサポートするのが「ブロモバレリル尿素」と「無水カフェイン」で、「乾燥水酸化アルミニウムゲル」が、これらの成分によって胃に負担がかかるのを防ぐ為に胃の粘膜を保護する働きをしています。

更にナロンエースには、ビタミンCやB1、アリルイソプロピルアセチル尿素といった成分で生理痛に特化した配合がなされている種類もありますので、特に生理痛の時に使用したいと言う人は、こちらを選ぶと良いでしょう。

「生理痛に悩む女の子の為に」と開発された鎮痛剤「ノーシンピュア」。
見た目に可愛くて生理痛に良く効くと評判ですが、やはり薬であることに変わりはありませんので使い方によく注意して、副作用についても覚えておくと良いと思います。

ノーシンピュアの副作用としては、肝機能障害や腎機能障害、かゆみ、発疹、眩暈、便秘あるいは下痢などといった症状があります。
またぜん息持ちの人が服用すると、発作を起こしたり症状が悪化したりする可能性もあるようです。
その為ノーシンピュアの使用上の注意でも、「風邪薬や解熱鎮痛剤でぜん息を起こしたことのある人は使用禁止」となっています。
またノーシンピュアに含まれる「アリルイソプロピルアセチル尿素」には副作用として眠気が起こる場合もあるため、車など乗り物や機械類の運転もしないよう指示されています。

しかし基本的には用量や使用上の注意を守って使えばこれらの問題が起こることは稀です。
生理痛ひどくなる前に予め飲んでおくと良いでしょう。

女の子にしか分からない、生理痛の痛み。
でも学校やバイト、友達との約束やデートと忙しい毎日を、生理痛に邪魔されたくありませんよね。
そこで生理の時も元気に動けるようにと株式会社アクラスから発売されているのが「ノーシンピュア」です。
「生理痛に悩む10代の女の子」をターゲットに作られた薬だけあって、外箱が可愛く、携帯に便利でしかもスケルトンが可愛いピルケースもおまけに付いてくることで、人気を呼んでいるようです。

勿論ノーシンピュアの特徴は外見やおまけだけではありません。
3つの成分で肝心の鎮痛効果もバッチリ。
痛みを感じさせる原因になっているプロスタグランジンを抑える働きをする「イブプロフェン」を軸に、その鎮痛効果を高める為に配合された「アリルイソプロピルアセチル尿素」と「無水カフェイン」で、痛みに素早く効いてくれます。
特にアリルイソプロピルアセチル尿素は沈静作用もあり、イライラや倦怠感なども緩和してくれます。

ただし、このノーシンピュアに配合されているイブプロフェンは市販薬の場合15才未満の服用が禁じられていますから、15才未満の人は小中学生用のノーシンピュアを利用するようにして下さい。

生理痛がひどい人の中には毎月薬が手放せないという人も多いでしょう。
無理に痛みを我慢するよりは、用法を守って正しく使えば鎮痛剤の使用の方がずっと体にも良いと思います。

鎮痛剤として生理痛の時にもよく使用される薬として、ロキソニンの他に「ボルタレン」があります。
ボルタレンは「消炎鎮痛剤」という部類に属する薬で、その名の通り炎症を抑え炎症の原因となっている物を取り除き、痛みを和らげる効果を持ちます。
しかし炎症の原因物質を抑えると同時に、胃を保護する物質も押さえ込んでしまうため、ボルタレンだけを使用すると胃を荒らし痛めてしまうことがあります。
それで大抵ボルタレンと一緒に胃薬が処方されますから、忘れず飲むようにして下さい。

またボルタレンは他の薬と比べると血中濃度の減少が早く、効果の持続時間があまり長くありません。
どちらかというと、即効で単発的に効果が出るタイプの薬と考えておくと良いでしょう。
特にボルタレンには内服タイプと座薬タイプがあり、座薬タイプは腸で吸収される為、即効性という点ではより効果があります。

しかし生理痛がひどいからといって、ボルタレンを規定量以上に服用するのは危険です。
また規定量でも服用後、体調や体質によってはアレルギーやむくみ、胃痛などの副作用を引き起こす可能性もありますから、注意してください。

生理痛が辛い人には痛み止めは欠かせないかもしれません。
市販の痛み止めにも様々なものがありますが、最近話題になった生理痛にも効く痛み止めが「ロキソニン」です。

ロキソニンが話題になったのは、かつてこの薬は医師が処方して初めて使用できる医療用医薬品であったのが解除され、市販品として売ることができるようになったため。
ただし他のバファリンなどの解熱鎮痛剤と違って服用には相談が必要であり、薬剤師のいる薬局やドラッグストアでしか買えない「第一類医薬品」であることが大きな特徴です。
つまり「生理痛がひどいけれど病院へ行くほどでもない、でも薬剤師を通じてしっかりとしたアドバイスがもらえる効果の高い薬が欲しい」と言う場合にピッタリの鎮痛剤というわけです。

ロキソニンは痛みの原因を素早く抑える効果性の高い解熱鎮痛剤ですが、胃を痛める可能性があるのがデメリットです。
しかし胃を痛めるという副作用は他の鎮痛剤全てに当てはまるものであり、その中にあってロキソニンは胃の負担がまだ少ない方とも言われています。

しかしいずれにしても、前述の通り「第一類医薬品」ですから、知り合いから譲り受けて服用するといったことのないようにし、必ず薬剤師や医者からのアドバイスをもらうようにしましょう。