生理痛がない場合

女性の過半数は生理痛を経験したことがあると思いますが、実は中医学によると生理痛は本来ないもの、逆に言うとあるのは異常なこととされているそうです。
重軽度の差はあれど、毎月生理痛を経験する私達からすれば「生理中=痛い、不快」が当たり前ですから驚きですよね。

そもそも生理痛の大きな原因はホルモンバランスの乱れにあると言われていますが、生理周期によってそれぞれ必要なホルモンが分泌されているだけなので、本来それでバランスは取れているはずなのです。
バランスが狂ってしまうというのは、ホルモンが分泌される時期に血行が悪かったりストレスを抱えていたりといった他の要素が悪影響を及ぼす為に起こること。
ですからそれらの要素がなければホルモンバランスを崩すこともなく、痛みもないというわけなのです。

従って、世の中の過半数の女性が生理痛で苦しんでいる中、自分は何ともないからといって不安になることはありません。
痛まないなら痛まないに越したことはないのです。
ただし生理そのものが極端に少なかったり短かったり、周期が不規則といった場合は、子宮発育不全や無月経の可能性もありますから、早めに産婦人科へ相談しに行くようにしましょう。