月経困難症

ホルモンや冷えなどが原因で引き起こされる機能性生理痛と違い、臓器の疾患で引き起こされる器質性生理痛は放っておくと更に症状や痛みが悪化する為、きちんと検査し処置する必要があります。
その代表的なものが子宮内膜症で、中でも卵巣内にできる子宮内膜症を「チョコレート嚢腫」と呼びます。
卵巣内で子宮内膜が増殖すると、生理の度に内膜組織から出る血液が卵巣内に溜まっていきます。
そうやって溜まった血液が袋状になって、チョコレートのように見えることから「チョコレート嚢腫」と呼ばれているのです。

このチョコレート嚢腫の症状は、年々癒着が進む為に激しい生理痛や腰痛、また生理の時以外にも腹痛が現れるようになります。
また嚢腫が直腸と癒着すれば便秘の原因にもなりますし、卵管を侵すために卵胞の成熟を妨げることで不妊症になる可能性もあります。
更に、嚢腫なので、激しい運動などで嚢腫がねじれてしまう「茎捻転」を起こす可能性もあり、これは卵巣破裂や嚢腫の壊死など非常に危険な状態になりかねません。
ですからチョコレート嚢腫が見つかった場合には治療が必要で、大きさや妊娠を望むかどうかによって手術療法や薬物療法、ホルモン療法などを使い分けて治療していきます。

同じ生理痛でも症状が重く、日常生活が送れないまでになる症状を「月経困難症」と呼び、通常の生理痛とは区別されます。
しかし月経困難症の原因となる要素は普通の生理痛と同じで、ホルモンが主な原因となっている「機能性月経困難症」と内蔵器官に異常がある「器質性月経困難症」に分かれます。

機能性月経困難症に関係するホルモンは「プロスタグラジン」で、排卵後生理前から生理前半期間にかけて急激に増加するホルモンです。
このプロスタグラジンによって子宮が収縮し、不要になった子宮膜を体外へ排出させるのですが、これが過剰に分泌されることで痛みを与えるのです。

これに対し、「器質性月経困難症」には子宮内膜症や子宮筋腫、クラミジア感染症などの骨盤内感染症といったものが原因として挙げられます。
この場合、機能性月経困難症とは違って放置しておくとますます症状は悪化して行きます。

機能性であれ器質性であれ、月経困難症の人は我慢せず病院へ行くことをお勧めします。
機能性の場合はホルモンを抑える治療法で、器質性の場合は原因となっている疾患を治療することで治すことができるようです。

生理痛や、少なくとも生理中の不快感は誰しも経験するもので、病気ではありません。
多少の痛みを感じるとしてもある程度の日常生活は普段通りに行うことができます。
しかし中には日常生活に支障を来たすほどの痛みに悩まされる人もおり、家事ができないとか、仕事や学校へ行けない、痛みで寝込んでしまうといった重症になる場合、生理痛とは区別して、「月経困難症」と呼ばれます。

月経困難症で最も多い症状はやはり下腹部の痛み、次いで腰痛とされていますが、その他にも頭痛や吐き気、倦怠感、下痢、貧血といったものがあり、イライラなどの精神的な症状もあるようです。
いずれにしてもその症状が強すぎて日常生活が送れない状態であることが、通常の生理痛との違いです。

月経困難症にも原因によって2通りあり、体の臓器に異常は見られずホルモンなどが原因で引き起こされる「機能性月経困難症」と、子宮など臓器に疾患があるために引き起こされる「器質性月経困難症」に分かれます。
このうち70%以上は「機能性月経困難症」の部類に入るのだそうです。