更年期と生理の関係

生理痛の有無や重軽度の差は人によってバラバラですが、同じように更年期の歳や期間、更年期障害の症状もまた人によってそれぞれです。
更年期とは閉経となる時期の前後5年ほどを指しますが、日本女性の平均閉経年齢が50才とされていますから、更年期は大体45~55才ということになりますね。
この時期から卵巣機能が衰えだすのです。

卵巣機能が衰え出すと、本来排卵前に多く分泌されるエストロゲンと呼ばれる卵巣ホルモンが急激に減少しだします。
エストロゲンの減少自体がホルモンバランスを狂わせますし、またこのエストロゲンには体内のホルモンバランスを整える働きもあるため、これが減少することで更にバランスが崩れることになってしまいます。
その結果、更年期障害と言われる症状が出てくるのです。
症状としては発汗や火照り、冷え性、頭痛、不眠、憂鬱、関節痛、便秘、下痢、食欲不振など様々なものがあります。

通常、元々生理痛のひどかった人は更年期前になってくると段々症状が穏やかになってくると言われています。
しかしこれも人それぞれで、更年期にさしかかってもまだ生理痛に悩まされるという人もいます。
しかし更年期に入ってますます生理痛がひどくなった、という人の場合、子宮関係の病気である可能性もありますから、早めに病院へ行くようにしましょう。