子宮内膜症

ホルモンや冷えなどが原因で引き起こされる機能性生理痛と違い、臓器の疾患で引き起こされる器質性生理痛は放っておくと更に症状や痛みが悪化する為、きちんと検査し処置する必要があります。
その代表的なものが子宮内膜症で、中でも卵巣内にできる子宮内膜症を「チョコレート嚢腫」と呼びます。
卵巣内で子宮内膜が増殖すると、生理の度に内膜組織から出る血液が卵巣内に溜まっていきます。
そうやって溜まった血液が袋状になって、チョコレートのように見えることから「チョコレート嚢腫」と呼ばれているのです。

このチョコレート嚢腫の症状は、年々癒着が進む為に激しい生理痛や腰痛、また生理の時以外にも腹痛が現れるようになります。
また嚢腫が直腸と癒着すれば便秘の原因にもなりますし、卵管を侵すために卵胞の成熟を妨げることで不妊症になる可能性もあります。
更に、嚢腫なので、激しい運動などで嚢腫がねじれてしまう「茎捻転」を起こす可能性もあり、これは卵巣破裂や嚢腫の壊死など非常に危険な状態になりかねません。
ですからチョコレート嚢腫が見つかった場合には治療が必要で、大きさや妊娠を望むかどうかによって手術療法や薬物療法、ホルモン療法などを使い分けて治療していきます。

「生理は女性の健康のバロメーター」とも言われます。
ですから通常の生理周期とそれに伴う体調の変化に異常があれば、体が発する危険信号とみなして産婦人科へ受診しに行きましょう。

例えば生理中でないのに生理痛のような痛みがある場合。
勿論何か別の原因で生理痛のような痛みが起こることはありますが、これが1年中、日常的に起こっているなら危険信号です。
生理とそれに伴う生理痛は基本的に月に1回。
それ以上ある時はどこかおかしいのです。

生理中以外の痛みが慢性的にある場合、考えられるのは子宮筋腫や子宮内膜症です。
例えば子宮内膜症の場合、子宮以外の場所に内膜ができてしまう疾患ですが、この内膜症が発症している部分で出血が起こり、それが要因で炎症をおこしたり癒着したりすることで、生理痛のような痛みが起こります。
更にひどくなると内膜症自体が深層組織に及び、神経を刺激することで激しい痛みを与えます。
こうなると子宮を摘出しないことには痛みがとれない場合さえあります。

ですからこういった異常な痛みを感じた場合には放置せず、できるだけ早く産婦人科へ行くようにしましょう。