ピルについて

以前と比べて生理痛にピルが処方されやすくなったのには、ピルに含まれているホルモンの含有量が比較的少ない「低容量ピル」が解禁になったため、副作用の心配が大幅に軽減されたことによるかと思われます。
しかしいくら副作用が軽減されたとは言え、その心配が全くないわけではありませんから、生理痛の際に使うのであれば、その副作用も理解しておくと良いでしょう。

ピルの服用に慣れていない初期の段階では特に、吐き気や嘔吐、下痢、食欲減退、倦怠感、眩暈、便秘、発熱、性欲減退、脱毛など様々な副作用の可能性があるようです。
これは本来自分が持っていたホルモン周期がピルの服用で変化し、一定のホルモン水準が維持されるようになることで、体が違和感がある為でしょう。
更にピルの服用によって引き起こされる可能性のある疾患も幾つか挙げられます。
ピルの代謝は肝臓で行われる為、飲み続けることで肝機能障害を引き起こす可能性や、血液凝固能が亢進されるため、血栓症を起こしやすくなる危険性もあるようです。

これらの副作用は確率としては小さいですが、何らかの持病を持っている人の場合特に注意が必要でしょう。
生理痛で服用する前に、医師に確認をとっておきましょう。

生理痛がひどくて漢方やサプリメントでも効果がない、という場合に、ピルが処方されることがあります。
ピルと言えば避妊薬のイメージが強いかもしれませんが、欧米では生理痛緩和にも広く用いられています。

ピルとはそもそも女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の合剤で、この2つのホルモンは本来女性の体内で自然に作られるのですが、2つが同時に出ているのは排卵してから生理が来るまでの期間と、妊娠期間です。
それでピルを服用すると、既にホルモンが体内にある為、体は自らがホルモンを分泌するのをストップさせます。
すると排卵を誘発するホルモンが分泌されない為、排卵が起こらなくなるのです。
これが避妊効果の実体ですが、排卵が起こらないということは、同時に痛みの伝達物質である「プロスタグランジン」が分泌されないことになります。
これがピルの生理痛緩和効果の仕組みなのです。

特にホルモンの含有量が少ない「低用量ピル」が解禁になって以来、副作用の心配が殆どなくなった為、最近では重い生理痛を訴える人の為に多く処方されているようです。