生理中の胃痛、下痢、吐き気の原因

生理期間中は胃が痛くなったり吐き気を催したり下痢になったりするという人もいます。
これも生理痛の1つですが、特にこのような症状は食べることができなくなるため非常につらいものですよね。
このような胃痛、吐き気、下痢といった生理痛の症状は、「プロスタグランジン」というホルモンと関係があるようです。

プロスタグランジンは生理前から生理中にかけて大量に分泌され、この働きで子宮を収縮させ不要になった子宮膜を排出させます。
しかし同時に血管や臓器など子宮以外の部分も収縮させてしまう為、胃や大腸にも影響が及びます。
そして胃腸機能が弱ると吐き気を催すことが多いのです。

このように、生理期間中には普段は分泌されないようなホルモンがたっぷり分泌される為、生理痛という特有の症状を引き起こしてしまいます。
そして生理痛が人によって違うのは、このホルモンのバランス量が人によって違うからです。
また、ストレスも下痢や胃痛を引き起こす原因になりますから、生理中の気持ちが不安定になっている時にはそれが顕著に現れてしまうこともあるようです。